ピルの一般的な副作用や飲み合わせの注意事項

medicine02 詳細

このページではピルの一般的な副作用や他の薬との飲みわせを確認しています。

ピルの主な副作用

ピルの使用でまず注意したいのが、重大な副作用として血栓症が報告されている点です。

下肢の急激な疼痛・腫脹,突然の息切れ,胸痛,激しい頭痛,四肢の脱力・麻痺,構語障害,急性視力障害などの症状が現れた場合はすぐに医師に相談するようにしましょう。

血栓症は頻度としては、かなり低いものですが、万が一発現した場合は重症となるため、注意が必要です。

その他の一般的な副作用では、頻度が高いものとして、嘔吐や吐き気があります。これらどの種類のピルでも見られる副作用です。

もし気になる場合は、スマルナでも吐き気止めを一緒に処方してもらえるケースがあるため事前に相談しましょう。

その他の副作用としては、,乳房緊満感、頭痛、下腹部痛などの頻度が高いとされています。

ピルと他の薬との飲み合わせ

ピルを使用する上ではいくつか注意点もあります。

細かい点は、医師の診察を受ける際にも注意があると思いますが、特に注意するべき点として薬の相互作用があります。

例として、低用量ピル(トリキュラーやマーベロン、ファボワール、アンジュ、ラベルフィーユ、シンフェーズ、オーソなど)は、飲み合わせで注意が必要な薬があり、中には低用量ピルの効果を減弱させる可能性がるものもあります。

風邪がひどいときなどに使う抗生物質の一部や、てんかん薬のほか、サプリで市販されてもいるセイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)などの成分は低用量ピルの効果を減弱させることが知られています。また、月経前症候群(PMS)で使われるサプリのチェストベリーもピルの効果を減弱させる可能性があります(英ウィメンズクリニック)。

これらの薬やサプリを使っている場合は必ず医師に伝え、サプリなどは無理に続ける必要がなければ中止するのが安全です。

他にも糖尿病治療薬などは、ピルの併用により血糖降下作用が減弱する可能性があるため、これらも注意が必要です。何れにしても他に薬を併用している場合は、双方の医師に伝えるようにしましょう。

スマルナの専門家無料相談も活用して

実際にピルの副作用が疑われる場合や、飲みわせを詳しく確認したいような場合は、スマルナの無料相談機能を利用するのがおすすめです。

薬剤師などの専門家が相談に対応してくれるため、細かい点も詳しく確認してもらえ、無料で利用できるので積極的に活用しましょう。

<自宅に居ながら正規品のピルを注文>スマルナの無料ダウンロードはこちら

トップページへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました